ブログ&イベント情報

2020.03.09

ゲイバーブーム到来?〜ゲイバー題材の漫画二冊読んでみた!

いま若者の中でスナックブームが起きている!?

若者といっても男性でしょ?と思いきや、スナックにハマる女子も増えていて、略して”スナ女”と呼ぶらしいです。

また、ハマる女子といえば、ここ数年『きのう何食べた?』『弟の夫』『おっさんずラブ』といったボーイズラブを題材にしたドラマが社会現象になりました。

んん?

スナックとボーイズラブがブームになっているということは、

スナック&ボーイズラブ=ゲイバー

もアリなのではないか。

そして、先日、私は新宿駅近くの紀伊国屋書店でこんな漫画を見つけました。

『ゲイバーのもちぎさん

しかも、1階の平積み、一番目立つところに置かれているではありませんか!

これは、ゲイバーブームの到来?

ゲイバーにハマる女子は”ゲイ女?”(なんだかややこしい(笑))

まあ、ボーイズラブと一緒で、知る事のできないモノへの興味本位な気持ちでしょうけど・・・

とにかく、何が書いてあるかが気になった私は、以下の2つのゲイバーを題材にした漫画を読んでみました!

きょうのゲイバー/TSUKURU

まさにゲイバーの毎日の様子が思い浮かぶようなゆる~い雰囲気の4コマ漫画。その中で、毒舌なママの鋭い一言がズバッと心地よい。

女性がよく言う、「ゲイバーに行ってママにイジられたい!」という気持ち、何となくわかる気がしました。お互いに恋愛対象ではないから傷付かないし、自分の周りの人達が遠慮して言わないことを言ってくれることで「私を見てくれてる!」という気持ちになるんだろうなぁ。

ゲイバーに行ってみたいけど、飲みに行く時間がない、勇気がないという方は『きょうのゲイバー』で癒されることにしましょう。

ちなみに、このヤローページのイラストもTSUKURUさんです↓

ヤローページ」の取り組みを見て思うこと~新宿二丁目をより良い街にするための3つの課題

ゲイバーのもちぎさん/もちぎ

フォロワー52万人、現在は54万人オーバーって!

(私なんか1,000人になって喜んでたのに・・・)

ゲイバーの裏と表、バカなところと真面目なところ、強気なフリしていろいろ苦労しているところ、若いけど結構しっかりしているところ、その辺りが短編集の中でよく表現されています。

私も仕事柄よくゲイバーに行きますが、この漫画に出てくるお店「ジーニアス(仮名)」のように、若い(20代)のゲイのママや店子が、年代や性別問わずどんなお客様にも上手に対応している姿をよくみます。肝がすわっているというか、社会人になったばかりではなかなか出来るものではありません。

同性愛という世界について考えさせられ、ゲイバー用語や、ゲイバーでのNG行為、ゲイバーに関するよくある質問等、初心者のお役立ち情報も満載です。

ゲイバーブームが来る?

では、ゲイバーブームが来るのか。

最近「サードプレイス」という言葉が使われますが、自宅でも職場でもない心地のよい居場所、まさにスナックやゲイバーがそれなのではないでしょうか。

でも、ブームで人が増えるのでは、”心地のよい居場所”とはならないし、店側にもいつブームが終わるのかというリスクが付きまといます。やっぱり、新宿二丁目は常連さんの紹介で来た方がファンになり、リピーターになることで段々とお客さんが増える、というのが一番なんだろうなぁ。

ノンケで一見さんだけど、どうしても新宿二丁目のゲイバーに行きたいという方、この二冊は必読ですよ。