ブログ&イベント情報

2019.11.29

「ヤローページ」の取り組みを見て思うこと~新宿二丁目をより良い街にするための3つの課題

皆さん、新宿二丁目のスポットガイド&HIV検査情報「ヤローページ」最新号はもうゲットされましたでしょうか?

11月1日からの約10日間でしたが、仲通りにはヤローフラッグも取り付けられていました。

看板とフラッグによる広告ジャック!インパクトがありましたよね!

そんな中で、「ヤローページ」を発行されているaktaさんよりご依頼を受け、今回の取り組みや新宿二丁目についてお話をさせていただく機会がありました。私が話そうとしたこと(話せてないのかい!本番に弱いもので…)を書きとめていましたので、備忘録としてここに書かせてください。

今回のヤローページの取り組みについて

この度は「ヤローページ」の最新号発行、おめでとうございます。私は、ニューフタミビルの壁面広告、仲通りの街路灯のフラッグの設置について、ご相談をいただきました。

今回、仲通りの広告ジャックが完成して、明るい時間に通りがヤローイエローで染められたのが衝撃的でした。というのも、昼間の二丁目は住民や会社員の街、夜はゲイバー等の飲食店街、という住み分けのような線引きのようなものがありまして。

そんな中で、今回の「ヤローページ」は、冒頭から昼間の二丁目がおシャレに紹介されているように、「HIV検査の普及・啓発」とともに「昼も夜も新宿二丁目をもっと好きになろう」という意図が感じられました。

私は、新宿二丁目はLGBTタウン(ゲイタウン)をもっと街を挙げてアピールしていくべきだと思っていますので、今回の「ヤローページ」と「広告ジャック」が昼と夜をつなげるという意味でも、 何か一つのきっかけになったのではないかと勝手に期待しています。

新宿二丁目がどのような街になってもらいたいか

最近は多様性という言葉がよく使われますが、多様性な街というのはどこにでも出来てくる気がして、やはり二丁目はいつまでもLGBTタウン(ゲイタウン)であってほしいと思います。

そして、そのためには3つほど課題があると思います。

一つは、街の風紀の問題。

特に、酔っ払いが街中で騒ぐこと、ごみ出しマナーが悪いこと。特に、ごみ出しマナーは新宿で一番酷いとまで言われていて、私も今まさにこの問題に取り組んでいるのですが、個人個人が「この街の未来について真剣に考えよう」という意識改革が必要だと思っています。

二つ目は、LGBT業態の多様化への対応。

ゲイバー以外にも、LGBTの多様なお店やコミュティスペース等が増えることで、これまで二丁目に来なかったLGBTの人たちが来やすい環境ができること。貸主の許可は必要ですが、昼間にバーを他の業態(カフェやランチ等)で使用するというのも一つの方法だと思います。

三つ目は、町会(家主)や振興会(飲食店)の他、この街に関わる様々な人たちの交流。

現在もかなり老朽化した建物が多く、今後「自分も年だし、管理も面倒だから売ってしまおう。」という家主さんが増えていくと思います。(もう増えてますが・・・)そんな中で、ゲイの人もそうでない人もお互いが交流して信頼関係が生まれることで、「この人だったら信用できるし、街のためになるなら安く貸してもいい。」という前向きな家主さんが増えるかもしれません。

そういうわけで、ALL二丁目でこの街をハッテン(カタカナだとおかしい?)させましょう!

交流という意味では、やっぱりイベントやお祭りから始めるべきでしょうか。今年は漏水事故も頻繁に起きるなど大変なことも多いのですが、私は「老朽化との戦い」が使命だと思って陰で支えていきます・・・

あ、最後に。「ヤローページ」のマップや店舗紹介、ほんとわかりやすいので重宝しますよ。