賃貸物件情報

2018.03.05

【デザイナーズ物件】茶沢通り沿いにあるロフト付きのおしゃれなシェアハウス@下北沢/三軒茶屋

ここは下北沢駅東口。

かつてこの場所には「駅前食品市場」という、ゴールデン街のような横丁が存在していたそう。今は、写真の左奥に見える「三好野」(2018年1月に閉店)だけ。広場のど真ん中に古い小屋が一つ、昭和レトロ好きの私としてはなんだか切ない気分になります。

 

消え行く横丁――東京「シモキタ」名物酒場の幕引き(Yahoo!ニュースより)

 

下北沢は、”個性的なお店が路地に軒を連ねる”のが魅力のはず。

道路が広がる→キレイな駅ビルが建つ→家賃が高くなる→駅周辺はチェーン店ばかりになる?

余計なお世話だと思いますが、シモキタらしい再開発を期待したいです!

 

そんな下北沢駅の西口を出て徒歩14分にあるのが、弊社が運営するおしゃれなデザイナーズのシェアハウス『SHARE VILLAGE 下北沢』。下北と三茶のほぼ真ん中なので、茶沢通りをメインに2つの街をぶらぶら散策するのも楽しいです。ごちゃごちゃ・サブカル・若者の街「下北沢」、下町っぽい・オシャレ・大人の街「三軒茶屋」って感じでしょうか。単身者向けワンルームマンションの家賃相場は下北沢で8.4万円、三軒茶屋は同じ条件で9.2万円(どちらも2017年、ホームズ調べ)だそうです。あ、うちのシェアハウスは6.5万円!(強調)

 

では、ここから現在空室の302号室をご紹介。

赤いカーテンのお部屋。ロフトにぴったりサイズの敷布団をご提供します。

 

東向きの窓からは、渋谷の高層ビルまで見えます。窓の上には収納棚とハンガーポールを付けました。

 

このシェアハウスでは、唯一のロフト付き。180センチ位までの方であれば、無理なく足が伸ばせます。真夏は、冷房とサーキュレーターで暑さをしのぎましょう。

 

3階の共用スペースはこんな感じ。洗面台は3部屋で2台を使用できます。

 

302号室の募集ページはこちら↓

【シェアハウス】SHARE VILLAGE 下北沢~302号室

 

階段で1階へ。

シモキタっぽい!?

現在のリビングリームがこちら。オープンして1年以上が経ち、かなり生活感が出てきました。新宿二丁目のバーもそうですが、シェアハウスも時間が経つほどいい味が出てきます。「なんか落ち着く」ってやつです。

 

豚の角煮

この日の昼めしは、居住者の方の手料理をいただくことに。大根と卵に味がよくしみ込んでいて、角煮が柔らかくて超絶品でした。スーパーサミットが徒歩30秒なので、お料理好きの方にはうれしい立地だとか。男性の皆さんも、結構自炊をされている方が多いようです。

 

最後に、下北沢駅や三軒茶屋駅へ徒歩10分以上はしんどいという方。シェアハウスから徒歩30秒にバス停があり、そのバスに乗って渋谷駅まで15~20分ほど。特に朝の通勤時間は本数があるので、こちらを利用するのも便利です。下北沢、渋谷が再開発の真っ只中、三軒茶屋の三角地帯も再開発の予定あり。良くも悪くも、そんな3つの街の変化を感じながらシェアハウスに住むってのはいかがでしょうか?

 

P.S.

投稿中に、3月3日「小田急線の複々線化が完成し、下北沢駅で開通式が行われた。」というニュースが流れていました。ラッシュ時の上り電車を増加して、下北沢発着の列車で混雑率が192%から150%になるとのこと。自転車通勤の私には、150%といわれても全く想像ができませんが…