賃貸物件情報

2020.07.29

【三軒茶屋駅 徒歩12分】SHARE VILLAGE 下北沢302号室~ロフト付きの部屋が空きました

現在は202と302が募集中です。

空室情報等はこちらから↓

SHARE VILLAGE 下北沢 ご紹介ページ

皆さんこんにちは、フタミ商事新人サトシです!

フタミ商事では、主に新宿二丁目の店舗の仲介・管理をさせていただいていますが、下北沢にてシェアハウスの運営もしています🏡

その名も「SHARE VILLAGE 下北沢」 

シェアハウスとは、自分の部屋とは別に共同利用できる共有スペースを持った賃貸住宅の事で、共同住宅ならではの「共有」と「交流」を楽しめる住まいであり、通常の賃貸に比べ初期費用、毎月の費用を抑えてリーズナブルな価格で住めるのも大きな魅力の1つです。

シェアハウスの良い点とは?

では、実際にシェアハウスに住んで良かったと思うことはどのような点なのでしょうか?一般的には、以下の様な点が挙げられます。

  • 家具、家電などがそろっているので引越しが楽チン。
  • 家賃と光熱費を抑えることができる。
  • 体調が悪い時に、居住者の方に食事や買い物などを助けてもらえる。

女性の利用者からはこんな意見も👩

  • 女性の一人暮らしだと防犯面が不安ですが、他に居住者がいるので安心。

立地の割に家賃、光熱費が安くできるという意見はやはり多いです!あとは、部屋は別々ではありますが、同じ家に誰かがいてくれるという事は男女問わず様々な場面で安心できるということがわかります。

ありがちなデメリット、改善してます。

とは言っても、生活リズムの違いや、ルール徹底や掃除の感覚の違い、水回りが混雑してしまう等といったデメリットはつきものです。

そこで、SHARE VILLAGE 下北沢では以下のルール等を定めています。

  • リビング・キッチンは夜23時から朝6時まで使用不可とする。
  • 掃除は水回りを中心に、週に1度家事代行業者にて行う。
  • 全6部屋ですが、洗濯機3+乾燥機1、洗面台5、シャワー室1+お風呂1、とかなり充実している。

3階だけはお部屋が隣接していますが、それ以外は離れており、これまで音のクレームもありません。また、「水回りが多い!」とよく言われるくらいに充実しているので、水回り待ちのストレスはありません。

シェアハウスを転々とする方が多い中、居心地よく、長く住みたくなるシェアハウスを目指して、これからも改善していきます。

302号室の室内清掃をしてきました。

先日「SHARE VILLAGE 下北沢」に空き部屋がでたので、社長の二村と共に室内の清掃に行ってきました。

自分的にはもう少し腰を入れて拭いていたつもりでしたが。。。笑

掃除機をかけて床と窓をふき、エアコンを掃除しました。

フィルターは外して水洗い、エアコン洗浄のスプレーをかけて乾かし中。

お部屋の中をご紹介

ロフトへと上がるためのハシゴは、壁に取り付けられています。

正面の小窓と左の窓から光が入るので、晴れの日の昼間は照明が必要ないくらい明るいです🌞

こちらの窓からしっかり太陽の光が入ります。
ハシゴをひっかけてロフトへ上がっていきます。
物置や寝るのにも十分のスペースがあります。

こちらの物件には何度か来たことがあるのですが、室内へ入ったのはこの日が初めてでした。部屋自体の広さはありませんが、キッチン、お風呂、洗面、トイレなどが別にありますので、一軒家の中での自分の部屋だと考えると十分な広さだと思います。

そして、住んでいた方の使い方が良かったので、とてもキレイでした。

外観はイラストにてご紹介。

SHARE VILLAGE 下北沢」は小田急線の下北沢駅から徒歩14分、東急田園都市線の三軒茶屋駅から徒歩12分の位置にあります。

この日は清掃を終え、三軒茶屋駅へと向かう途中のこちらの中華屋さんでラーメンと半チャーハンのセットを食べました。鶏ガラのあっさりとしたスープに、しっかり味がしみ込んだチャーシューと味付たまごが美味しかったです。

飲食店も多い下北沢。どのお店に行こうかと探索するのも楽しいですね。オススメのお店があったら、ぜひ教えてください(^o^)

これから暑い夏がやってきます。今年はマスクを着けて過ごさねばなりませんが、みなさん熱中症などかからぬよう気を付けてお過ごしください。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

空室情報等はこちらから↓

SHARE VILLAGE 下北沢 ご紹介ページ