ブログ&イベント情報

2021.02.02

新宿区『おもてなし店舗支援事業補助金』の申請について

みなさんこんにちは、フタミ商事新人サトシです!

2021年に入り、東京には1月8日から緊急事態宣言が発令され、飲食店やバーなどに営業時間短縮の要請が出された結果、新宿二丁目も静かな街になってしまいました。

そんな街を歩いていると、お店の方が店内の大掃除をしていたり、なかには大掛かりなDIYをしているのを見かけます。

みなさん営業できない時間で今やれることをやっているのだと、見ている自分が元気をもらっています。

そこで今回は、新宿区が実施している『おもてなし店舗支援事業補助金』に含まれる感染症拡大防止対策事業についてサトシ調べでありますが書きたいと思います!

一体どんな制度なの?

この制度は飲食店などに行くと今では当たり前のように設置してくれているアルコール消毒液や、入店時検温の為の非接触型体温計、店舗内で飛沫防止のためのパーテーションやビニールシートなど感染拡大防止のために購入した物の経費を一部助成してくれるというものです。

対象者や補助金額は?

対象者は、新宿区内で飲食業、小売業、サービス業のいずれかの業種の店舗を営んでいる中小企業者、個人事業主となっていますが、他にも条件として引き続き5年以上営業する意思があることや、税金を滞納していないこと等が挙げられています。

申請は1事業者につき1回まで、補助金額は最大5万円(補助対象経費の10/10以内、千円未満切捨て)となっています。

申請に必要な書類は?

今まで新型コロナウィルスの感染拡大によって受けられる給付金、協力金などの申請書類を調べると、種類も多く複雑で申請するまでが本当に大変だと感じました。

しかし今回の感染症拡大防止対策の補助金を申請する際に必要な書類は、比較的少なく準備もしやすいような気がします。

例として、個人事業主で補助対象となる物を購入した領収書等がある場合の、必要な申請書類を挙げますと、下記となっています。

  1. おもてなし店舗支援事業補助金 交付申請書交付申請書記入例こちら)
  2. おもてなし店舗支援事業補助金 申請前確認書
  3. 経費別明細
  4. 補助対象経費にかかる支払い領収書や請求書等証拠書類(宛名あり)の写し
  5. 購入した物、作成した物等の写真
  6. 申請者の確認書類(開業届、事業税納税証明書、住民税納税証明書)

上記例の申請書類の詳細は、申請必要書類一覧(領収書あり)をご覧ください。

いつまでに申請すればいいの?

申請期間は令和2年7月1日㈬から令和3年3月31日㈬となっています。

この制度には事前申請(助成金を受け取ってから購入)というものもあり、事前申請の場合の申請期限は令和3年2月28日㈰となっていますのでご注意ください。

他の業種も申請できる?

フタミ商事は不動産業ですが、入口には消毒液をご用意しており、お客様の来られるスペースにはパーテーションを設置していますので、申請対象か調べてみると、不動産業でも接客スペースで使用するものであれば申請可能だそうです!

現在、申請書類や購入した物の写真を撮って準備を進めています!

担当の方に確認したところ、購入した消毒スプレーとウェットティッシュでどこを拭きあげているかの写真もあった方が良いということでした。

詳細は新宿区ホームページにてご確認下さい!

ここまでサトシ調べで書かせてもらいましたが、申請の際は新宿区のホームページや応募要項をご覧いただき、ご自身が申請対象事業者、業種なのか、購入しようとしている物は対象物なのか等の確認をお願いします。

私はホームページを見ても分からないことは電話で問い合わせましたが、とても丁寧に教えてくれました。

よくある質問というページを見てみると、この業種、こんな物も対象なのかと、なかなか参考になりました^^

新宿二丁目、充電中です。

2021年1月31日㈰の新宿二丁目の朝

今はやむ無く時短営業や休業などをされている店舗の皆さまに、またたくさんのお客様が安心して来られるお店にしてもらいたく、その為の準備に少しでもご協力できたらと思い書かせていただきました。

2021年、皆さんの今までの頑張りが笑顔に変わる年になりますように!!