ブログ&イベント情報

2021.10.20

【1年間達成】東京一汚いと言われた「新宿二丁目」で毎朝ごみ巡回を続けた結果

今年ももう10月か~、1年経つのは早いな~、なんて声が聞かれる今日この頃。

去年2020年の10月といえば、私にとっては記憶に深く残る出来事がありました。

白井エコセンターのごみ回収の方々

【10.1 ごみXデー】新宿二丁目が変わる日~民間業者による有料ごみ収集開始

この「ごみXデー」から1年、新宿二丁目のごみ問題は改善したのでしょうか?

そんなに簡単な問題ではないと考えていた私が、この時に思っていたことは「本当の戦いはこれから」ということ。ここで手を止めてしまえば、元の木阿弥になることは明らかでした。

民間収集が始まった頃

民間業者の専用袋による毎日収集が開始され、登録事業者が増えるにつれて街全体がきれいになってきている。ただ、新宿区の収集が無くなったにも関わらず、区の有料シールで出されるもの、専用袋でなくシールも貼られていないもの、明らかに他から持ち込まれたごみが残されていく。

何か手は無いのだろうか・・・

地道にやるしかないのか・・・

「とりあえず1年は続けよう!」

と始めたことが、

フタミ商事の二村(左)と中根(右)

「毎朝ごみ置場を回る!」

ということ。

朝の収集前にごみ置場を回って、ごみ出しマナーをチェックしよう。

平日は7:30までに出社すれば間に合う、雨が降らなければ土日祝日もやろう。

朝のごみ拾いで集まるごみ

ついでにごみ拾いもやろう。

私と中根と2人でエリアを半分に分けて、1年間続けました。

結果、ごみ出しマナーの悪い所は大体把握できるようになり、少しずつ改善していきました。

陰徳陽報という言葉があるように、「人知れず善行を積めば、必ず報われる」のだと思います。

ただ、いつも見てくれていた方から、ちゃんと皆にアピールした方がよいと声を掛けていただき、

新品のトング

1年間お疲れ様と、

「赤いトング」と「黒いトング」

をプレゼントしていただきました(T_T)

煉獄さんと炭治郎の刀みたいじゃないですか!

お館様、もう少し続けなさいということですね。

昨日、鬼滅の刃を見たので影響されてます・・・

きれいな新宿仲通り

始めは不法投棄を見るたびに人間不信になっていた私ですが、最近は感情を無にして対応できるようになりました。引き続き、町会の清掃委員長が「ごみ柱」になれるまで鍛錬していきます!

脱・ごみの街へ、皆さまのご協力よろしくお願い致します。

※新宿二丁目振興会・新宿二丁目町会清掃院長が推奨する事業用ごみ処理方法「ごみ.TOKYO」への登録はコチラから→URL http://gomi.tokyo.jp/